tatsumack blog

エンジニアによる雑記です

「君の名は。」を読んだ

年末にようやく「君の名は。」を映画館で見ることができ、その余韻に浸ったままKindleでポチった。
一人称で物語が描かれている点が映画とは異なるが、ストーリーは同じ。なので、異なる描写があることを期待して読むとがっかりするかもしれないが、映画の余韻に浸る分には申し分ない本だった。あとがきで、新海誠監督と川村元気プロデューサーがどういう目線でこの作品を作ったのかを述べているのも興味深い。